東屋「醤油差し」〜キレのいい醤油差し〜

東屋「醤油差し」〜キレのいい醤油差し〜

毎日の食卓に、よく登場するのが醤油差し。いくつか持っていて、季節や気分によって替えて使っています。

毎日の食卓に、よく登場するのが醤油差し。いくつか持っていて、季節や気分によって替えて使っています。

最近、手に入れたのは、東屋というところが作った醤油差しで、熊本の天草陶石と呼ばれる土を使い、高温で焼いた磁器のものです。
つるりとして上品な佇まいは、磁器の持っている硬質な素材感のなせる技なのだと、取材に行って耳にし、なるほどと腑に落ちました。

優れているのは、醤油の切れ具合。「液ダレしない」を謳い文句に掲げている醤油差しは数多くありますが、実際に使ってみると「さほどでも」という経験が多かっただけに、最初は半信半疑だったのです。しかしこれは、傾けるとスムーズに醤油が出て、液だれすることがまったくと言っていいほどないのです。

聞けば、試行錯誤を繰り返し、注ぎ口の絶妙な角度を工夫して実現したものだといいます。使い心地に思いを馳せながら、一所懸命モノ作りに取り組んだ人たちの思いが、ぎゅっと詰まった醤油差しなのです。

また、手に取った時の収まり具合もいいのも特徴のひとつ。丸みを帯びた小ぶりのかたちは、一見すると使いづらいかもと思ったのですが、持ちやすくて傾けやすい。考え抜いて、持ちやすさと見た目のバランスにこだわった結果なのでしょう。

シンプルなデザインなので、どんな食器ともよく合います。和食はもちろん、洋風や中華のメニューの時も、テーブルでしっくりおさまってくれるのです。

使う分だけ少量注いで食卓に。使い終わったら丁寧に洗って乾かす。蓋と本体の重なる部分は、通常の醤油差しの場合、釉薬をかけていないそうですが、これは、丁寧に釉薬をかけてあるので、何度使っても、醤油染みができることなく、きれいなまま使えるのも魅力です。

出典:美BEAUTE(http://www.bibeaute.com/

Pick up item


東屋 醤油差し

東屋 醤油差し

1,944円(税込)

液だれしない「切れのよさ」が特徴的な東屋の醤油差し。カーブした注ぎ口により、切れがよく、液垂れを防ぎます。醤油だけでなく、お酢、辣油、オリーブオイルなどにも使えて便利。上品な白色のデザインはご自宅用としても、ギフトとしてもおすすめ。引っ越し祝いや贈り物のお返しなどにもぴったりです。

東屋 印判小皿5柄セット 

東屋 印判小皿5柄セット 

5,246円(税込)

日本各地の職人と丁寧なものづくりを手がける東屋の印判小皿。エッチングのように銅版に模様を刻み、そこに呉須という顔料を塗って和紙に模様を転写し、さらにその和紙から生地へ模様を写し取り、焼き上げます。模様の一部がかすれたり、ずれたりしていることがありますが、すべて手作業なので、ひとつとして同じものはできないのです。これが印判の味であり面白さだといえます。食卓で、いろいろな用途に活躍しそうな小皿。5種類の模様をセットに。

東屋 茶器セット(丸急須・湯冷やし中・茶葉)

東屋 茶器セット(丸急須・湯冷やし中・茶葉)

10,085円(税込)

常滑焼の急須と波佐見焼の茶海、煎茶のセットです。ゴールデンドロップと呼ばれる最後の一滴まで、注ぎきることができる工夫を凝らした急須。沸かした湯を適温に冷まし、急須のお茶を移すことで濃さを均一にするための茶海。手軽に美味しいお茶を楽しめる、茶器セットです。

東屋 丸急須 横手

東屋 丸急須 横手

6,048円(税込)

陶土にコバルト系の顔料を加えて焼成したシックな急須。無釉仕上げでお茶となじみやすく茶渋も目立ちません。蓋は本体とすり合わせる「蓋擦り」という工程を経て、密閉性が高く漏れにくい作りに。ゴールデンドロップと呼ばれる最後の一滴まで、注ぎきることができます。

今すぐ商品一覧を見る

Season

アイテムで選ぶ

ブランドで選ぶ

価格で選ぶ

シーンで選ぶ

ページトップに戻る